参加者・発表者へのご案内

単位修得について

健康運動指導士・健康運動実践指導者の皆様へ
第26回日本健康教育学会学術大会は、健康運動指導士及び健康運動実践指導者の登録更新に必要な履修単位として講義3単位が認められます。(認定番号176049)
なお、学会当日に更新に係る認定講習会受講証明書を発行いたします。受講証明書の発行を希望される方は、健康運動指導士証、健康運動実践指導者証を学会受付までお持ちください。
認定管理栄養士・認定栄養士の皆様へ
第26回日本健康教育学会学術大会への参加は、日本栄養士会生涯教育の自己研鑽実績となります。
日本医師会認定産業医の皆様へ
第26回日本健康教育学会学術大会は、日本医師会認定産業医制度における生涯研修会(専門研修3単位)が取得できます。専門研修3単位の取得を希望される方は、産業医認定番号をお知らせ下さい。産業医認定証番号をお知らせいただいた方のみに研修修了シールをお渡しいたします。
研修テーマと単位は以下の通りとなります。

第1日目(6月24日)
シンポジウムⅠ:社会的成果をもたらす健康づくりの戦略と実践…1単位

第2日目(6月25日)
教育講演1:健康づくりによる社会的成果―健康日本21の戦略と展望…1単位
教育講演2:行動経済学や健康格差の視点からの健康づくりの集団戦略…1単位

日本理学療法士協会会員の皆様へ
新人教育プログラム修了者は『専門理学療法士ならびに認定理学療法士資格取得および更新に関わる履修ポイント』が付与可能です。付与ポイントは参加(10ポイント)、演題発表(5ポイント)となります。

参加者は書面で日本理学療法士協会にポイント申請を行ってください。
申請手続き詳細:
http://www.japanpt.or.jp/members/lifelonglearning/system/correction/

利益相反(COI)の開示について

発表時に口演発表者はスライドの最初(または演題・発表者などを紹介するスライドの次)に、ポスター発表者はポスターの最後に、利益相反の有無、および、利益相反がある場合には企業名を掲示してください。


開示例

Go Top↑